外貨定期預金 FX

レバレッジはFXと外貨定期預金の大きな違い

外貨預金や外貨定期預金がいかに手数料が高く預金者にメリットがないということをおわかり頂けたでしょうか。

 

よく銀行で外貨定期預金をすすめられるのは銀行が儲かるからなのです。
預金者は為替の変動により利益が出たり損失を被ったりしますが、銀行は利益にしかならないのです。

 

なので外貨預金や外貨定期預金はおすすめできません。

 

外貨定期預金の代わりにおすすめするのが、FXなのです。
外貨定期預金に比べて非常に手数料が安く外貨定期預金のデメリットをカバーしている商品なのです。

 

FXと外貨定期預金の最も大きな違いはレバレッジです。
レバレッジとな何かというとテコの原理を使って自分の持っている以上のお金で運用することです。

 

これだけではよくわかりませんよね?

 

具体的な例で説明をします。

 

100万円の運用資金があるとして1ドルが100円の場合、1万ドルに交換することができます。
(説明を簡略化するために手数料は省略しています)

 

外貨定期預金の場合、持っているお金以上にはできません。
1万ドルを預金することになります。

 

しかし、FXは持っている以上のお金で取引をすることができます。
これがレバレッジです。

 

レバレッジは最大で25倍までの取引が可能となっています。
このレバレッジというのはもろ刃の剣でメリットにもデメリットにもなります。

 

為替変動により利益や損失が加速的になります。

 

具体的に見てみましょう。
100円で1万ドル保有している状態とします。

 

・1円下がれば
1万円の損失になります。

 

・1円上がれば
1万円の利益になります。

 

外貨定期預金もFXも同じということになります。

 

FXの場合、所有している資金が100万であっても500万円の取引が可能です。
レバレッジが5倍の取引です。

 

・1円下がれば
5万円の損失になります。

 

・1円上がれば
5万円の利益になります。

 

FXが危険と言われるのはレバレッジを高くして運用しているからです。
レバレッジを上げている時に相場が急変して暴落をすれば悲惨なことになります。

 

外貨を扱う以上、為替の変動というのは避けられませんが、FXもレバレッジを1倍にすることで危険のない取引ができます。

 

外貨定期預金とFXの違い

外貨定期預金とFXの違いについて項目別に説明します。

 

項目 外貨預金・外貨定期預金 FX
取り扱い 主に銀行、信用金庫で扱っています。実店舗もあり安心感がありますが、その分手数料が高く設定されています。 主に証券会社、FX業者です。ネットの業者がほとんどです。
手数料

通貨・銀行によって異なります。米ドルで1ドル1円ぐらいです。

取引手数料としては0円の業者がほとんどです。実際の手数料はスプレッドとして発生します。FX業者・通貨によって異なりますが、外貨定期預金に比べてかなり安く米ドルで0.2〜0.7銭ぐらいが目安です。

預金保険制度 ペイオフの対象外となっており、銀行が倒産した場合は紙くずになります。 FX業者が倒産しても信託保全により預け入れた資金は全額保護されます。
預入期間と中途解約

外貨定期預金は満期となる期間が設定されており預入する期間により金利も変わります。原則中途解約はできません。外貨預金は期間の設定がない分金利は低くなっています。

特に制限はなくいつでも取引が可能です。
取引単位 銀行により異なります。1通貨単位から可能な場合もあれば10万以上ないとできない場合もあります。 FX業者により異なります。米ドルなどのメジャーな通貨の場合、1000通貨単位が基本となります。
金利 銀行によって異なります。豪州ドルは金利も高く人気の通貨です。 FXの為替差益による利益だけではなくスワップポイントによる利益が狙えます。
通貨
税金

 

このように項目別に比較してみると手数料・ペイオフ・中途解約とFXのほうが優れている点が多いということがおわかり頂けたでしょう。

 

FXで取引を行う場合、取引単位の制約があるので運用資金がないからといってむやみにレバレッジを上げないことが重要です。
そこまでの運用資金がないのであれば、資産運用よりも貯金です。

 

外貨定期預金の代わりにFXで運用する場合のレバレッジはせいぜい1倍か2倍ぐらいが妥当です。

 

>>外貨の運用をFXで行う場合のFX業者の選び方はこちら<<

【FXの比較】関連ページ

信託保全
銀行にはペイオフという法律がありますが、FX業者にはペイオフは適用されない変わりに信託保全という法律があります。FX業者の信託保全について説明をします。
スワップポイント
外貨定期預金では、利息によって利益を得ることになりますが、FXでは利息に該当するものはスワップポイントになります。スワップポイントについて説明を行います。
スプレッド
外貨定期預金の手数料とFXの手数料を比較しています。本当にFXのほうが安いのか?それとも大した差がないのか?
FX業者の選び方
外貨定期預金の代わりに外貨の運用をFXで行う場合、どんなFX業者でもいいというわけではなく業者選びのポイントがあります。FX業者の選び方とおすすめのFX業者を紹介します。