外貨定期預金 信託保全

FXの預金者保護機能の信託保全

外貨預金や外貨定期預金をした銀行が倒産した場合、ペイオフという預金者保護の法律が適用されないということがわかりました。

 

銀行で外貨定期預金をする代わりにFX業者で外貨の運用を行った場合も同様にFX業者が倒産をすればペイオフは適用されないと思うかもしれません。

 

その通りでFX業者が倒産をしてもペイオフは適用されません。
外貨を運用する以上、業者の倒産による自己資産の保護はできないと思ってしまいます。

 

しかし、FX業者には信託保全というものが義務づけられています。
信託保全は、会社の資産と顧客から預かった資産を分けて管理しないさいというものです。

 

ただ、分けて管理するだけだったらFX業者の管理上にあるのでFX業者が倒産したら心配です。
でも安心して下さい、顧客の資産は第三者である銀行や信託銀行が引き受けますのでFX業者が倒産をしても問題ありません。

 

ペイオフは上限が1000万円ですが、信託保全には上限はありませんのである意味では信託保全のほうが優れていると言えます。
外貨預金や外貨定期預金は銀行が倒産したら自分の資産は守れませんが、FX業者は完全に守られるのでFXの方が優れていると言えます。

 

FX業者のホームページを見ると必ずFX業者が破綻した場合のことが書いています。
口座開設をする際には見ておくようにしましょう。

 

信託保全の詳細

一口に信託保全といっても実は少し細かい種類があったりします。

 

まずは、完全信託保全と一部信託保全です。
一部信託保全とはその名の通り資産の一部だけを信託保全しているということです。

 

法の穴をかいくぐる感じですが、ほぼありません。
一部信託保全の業者が倒産したら当然ながら業者が管理していた資金は返ってこないことになります。

 

聞いたことがあるFX業者であれば完全信託保全と思って間違いないでしょう。

 

もうひとつあります。
為替差益やスワップポイントにより利益が出ていた場合の扱いです。

 

決済していれば問題ないのですが、ポジションを持ったままの状態だと含み益がどう扱われるのか気になります。
これも日次で処理とか週次で処理とか業者によって異なります。

 

当然、現状に近い精算のほうがいいのは間違いありません。
これも会社のホームページに公開されています。

 

優良業者を見分ける指標の自己資本率

FX業者に預けた運用資金が信託保全で守られているといっても実際にFX業者が倒産すると自分の手元にお金が返ってくるのはかなり先となり煩わしい手続きもあります。

 

そういった業者を見分ける指標としてあるのが、自己資本率という指標です。
自己資本率とは会社が調達した資金のうちどれだけが自分の資金であるかを表すものです。

 

自己資本率の目安ですが、

  • 120%以下-金融先物取引業者により規制
  • 200%未満-水準としては低いためおすすめできない
  • 200%以上-高い業者だと400%・500%というのがあるので高い業者を選ぶといいでしょう。

 

自己資本率が高い業者ほど健全な運営を行い倒産しにくと言えます。
注意しないといけないのは、FX業者に口座開設をする時だけ見るのではなく定期的にチェックをしないといけないのです。

 

毎年、3・6・9・12月で更新されるのでチェックをするようにしましょう。
会社情報の財務の部分に記載されています。

 

>>外貨の運用をFXで行う場合のFX業者の選び方はこちら<<

【信託保全】関連ページ

FXの比較
同じ外貨を扱う商品ですが、かなりの違いがあります。項目別に外貨定期預金とFXの違いを説明します。
スワップポイント
外貨定期預金では、利息によって利益を得ることになりますが、FXでは利息に該当するものはスワップポイントになります。スワップポイントについて説明を行います。
スプレッド
外貨定期預金の手数料とFXの手数料を比較しています。本当にFXのほうが安いのか?それとも大した差がないのか?
FX業者の選び方
外貨定期預金の代わりに外貨の運用をFXで行う場合、どんなFX業者でもいいというわけではなく業者選びのポイントがあります。FX業者の選び方とおすすめのFX業者を紹介します。