外貨定期預金 スワップポイント

fxの収益源も為替差益だけではない

外貨預金や外貨定期預金の収益源は金利によるものだけでなく為替差益による利益もあるということはすでに説明をしました。

 

では、FXの収益源というと為替差益のイメージが強いのですが、外貨定期預金の金利に該当するものがあります。

 

もちろん、スキャルピングやデイトレードのような短期取引をするのであれば保有期間が少ないため金利に該当するものがあってもなかっても関係ありません。

 

一定期間以上保有して初めて金利というものは効果があるものです。
外貨定期預金の金利に該当するものはというとスワップポイントというものです。

 

スワップポイントというのは2つの通貨の金利差です。
金利の高い通貨を売って安い通貨を買うことで利益を受け取ることができます。

 

外貨定期預金とFX違う点は、以下の2点です。

  • 「買う」だけでなく「売る」ことも可能。
  • 当然ですが、買うことでスワップポイントが貰える通貨ペアを売るとお金を支払わないといけません。

  • いろいろな通貨ペアがある。
  • ドル/円というように円だけの組み合わせではなくドル/ポンドのような組み合わせも可能です。

 

ここには書いていませんが、定期預金のように〇〇定期というような売買できない期間はありません。

 

スワップポイント狙いでおすすめの通貨ペアとは

通貨ペアのスワップポイントは一律ではなくFX業者によって違います。
これは、外貨定期預金が銀行によって金利が違うのと同じです。

 

トルコリラや南アランドなどのマイナーな通貨の取引をしたいのであればその通貨を扱っている業者で取引をしないといけません。

 

ですのでどのFX業者で取引をするかというのは重要です。
>>FX業者の選び方はこちら<<

 

やはり人気があるのは豪州ドル/円やニュージーランド/円の高金利通貨です。
定番ということでは米ドル/円も人気がありますが、スワップポイントはそれほど高くはありません。

 

トルコリラや南アランドの高金利通貨も外貨定期預金と同様に人気がありますが、リスクがあるのは同様です。

 

外貨定期預金と違いいつでもポジションを解消できるからといって多くのポジションは取らないようにしましょう。

 

相場は急変するものです、いつ暴落するかわかりませんので多少の変動があっても問題ないようにすべきでしょう。
基本的にスワップ狙いは長期投資なのでレバレッジは控えめの1〜2倍で運用しましょう。

 

>>外貨の運用をFXで行う場合のFX業者の選び方はこちら<<

【スワップポイント】関連ページ

FXの比較
同じ外貨を扱う商品ですが、かなりの違いがあります。項目別に外貨定期預金とFXの違いを説明します。
信託保全
銀行にはペイオフという法律がありますが、FX業者にはペイオフは適用されない変わりに信託保全という法律があります。FX業者の信託保全について説明をします。
スプレッド
外貨定期預金の手数料とFXの手数料を比較しています。本当にFXのほうが安いのか?それとも大した差がないのか?
FX業者の選び方
外貨定期預金の代わりに外貨の運用をFXで行う場合、どんなFX業者でもいいというわけではなく業者選びのポイントがあります。FX業者の選び方とおすすめのFX業者を紹介します。