外貨定期預金 キャンペーン

キャンペーンは魅力的な高金利がたくさん

外貨定期預金は高金利が魅力的ですが、さらに魅力的なのはキャンペーンの際の金利です。
日本の定期だとほとんど金利がつかないので信じられないほどの高金利に見えます。

 

とある銀行で開催されていたキャンペーンを紹介してみます。

 

おためし外貨プラン一ヶ月

  • トルコリラ 30%
  • 南アフリカランド 27%

 

日本の円定期と比較するとすごいとしか言えない金利です。ざっと、100倍はあるでしょう。

 

ひとつだけ言えるのは金利が30%、27%と聞いて飛びついてはいけないということです。
何も考えず預金すると損をしたということになるかもしれません。

 

ポイントは手数料と預金期間

こういった高金利の外貨定期預金でチェックしないといけないポイントはまず預金期間です。
その高金利の預金が何か月満期かということをチェックしないといけません。

 

なぜなら預金期間が短ければ金利が高くても多くの金利はもらえないからです。

 

例えば、金利が50%で預金期間が7日の定期があったとします。
1000万円を預金するとどれぐらいの金利がつくでしょうか?

 

1000万円×0.5=500万円
500万円/365×7=9,6万円
(計算を簡単にするために日本円で計算しています)

 

9,6万円の金利がつくことになります。
これがたった9.6万なのか、9.6万もなのかは人によると思います。

 

実際には、日本円⇒外貨、外貨⇒日本円にする際の手数料が必要になってきます。
取引手数料は、預金期間には関係なく必要となってきます。

 

預金期間が短ければつく金利は少ないのですが、手数料は変わらず必要となるので見た目の金利ほど儲けはないことになります。
ですので超短期の定期が「買い」かというとそうでもないことになります。

 

ただ、超短期の定期預金の場合、為替変動の影響は受けにくいというメリットもあります。

 

銀行は損をしない

キャンペーンの外貨定期預金が儲かるかはシミュレーションをしてみるといいでしょう。
為替変動の部分はどうなるかはわかりませんが、為替が変わらずとした場合の利益を計算することができます。

 

見た目の金利ほど儲からないということもわかると思います。

 

実際に上記のトルコリラの金利30%の一ヶ月の定期がどれぐらい儲かるか計算してみましょう。

 

・円→外貨(TTS)
31.42
・外貨→円(TTB)
29.42

 

日本円で100万を預金します。
31,800トルコリラとなります。

 

金利は
31,800×0.3÷365×30=784トルコリラ

 

これに税金が必要となるので
784×0.8=627.2トルコリラ

 

満期になると
31,800+627.2=32427.2トルコリラ
となります。

 

これを日本円にすると
32427.2×29.42=954,008.2円

 

なんとマイナスになりました。
年利30%という超高金利に見える外貨定期預金も実は儲からないのです。

 

これは円→外貨、外貨→円の際の手数料が高いためです。
この手数料は、誰の儲けかというと銀行の儲けなのです。

 

実際にはこのトルコリラの定期に預金すると必ず損をするかというとそうでもなく為替がいいほうに変動すれば利益となる場合もあります。

 

重要な点を整理します。

 

  • キャンペーンの見た目の金利の高さに飛びついて預金をしない
  • 預金する前に自分でシミュレーションをしてみる
  • 外貨定期預金の手数料は高いことを認識しておく

 

外貨定期預金よりももっといい外貨の運用法があります。

 

>>外貨定期預金よりおすすめの外貨の運用はこちら<<

【キャンペーン】関連ページ

外貨定期預金とは
外貨預金や外貨定期預金を行うのであれば、外貨預金や外貨定期預金がどういうもであるか知っておくべきです。外貨預金・外貨定期預金の仕組みの説明を行います。
メリットとデメリット
外貨預金・外貨定期預金は高い金利に目を奪われがちですが、実は日本の円定期と違いリスクがあります。外貨預金・外貨定期預金を行う上で知っておいたほうがいいメリットとデメリット(リスク)を紹介します。 貯金というよりも投資というスタンスで取り組むべきものなのでしっかりと認識するようにしましょう。
手数料
外貨定期預金の高金利は魅力的です。しかし、その手数料は劇高ということを銀行は教えてくれません。 通貨毎に簡易でシミュレーションした結果で手数料が高いことを説明しています。
元本保証
外貨定期預金には「元本保証」をうたっている商品がありますが、これは我々が思っている「元本保証」とは違います。外貨定期預金の「元本保証」についての説明をします。
ペイオフ
銀行が倒産したらペイオフという法律によって預金は守られます。外貨定期預金はどうなるのか、について説明を行います。
途中解約
日本の円定期でも高金利と引き換えに途中解約できない商品はあります。 外貨定期預金の途中解約について説明します。
税金
外貨預金、外貨定期預金の税金について説明をしています。外貨の運用ですが、利益が出れば税金を支払う必要があります。
為替特約付外貨定期預金
外貨定期預金のリスクと為替差益による損失がありますが、そのリスク対策として「為替特約付外貨定期預金」があります。為替特約付外貨定期預金についての説明を行います。
初心者
外貨預金の知識や経験のない初心者が外貨定期預金を行っても問題はないか、当サイトの見解を書いています。 誰でも最初は初心者なのでどういう状態で始めるだけになります。
シミュレーション
外貨定期預金をするのであればシミュレーションをやって実際にどれぐらいの利益が見込めるか実際に試算してから行うほうがいいです。シミュレーションのやり方を説明します。
円高円安
円高になると盛んに外貨定期預金を勧める広告がでますが、ほんとうに円高になると外貨定期預金は儲かるのかについて書いています。
銀行の選び方
外貨定期預金には高金利以上のリスクが多くありお勧めしません。しかしながら、どうしても外貨定期預金をしたいという人に向けて外貨定期預金をする上での銀行の選び方を紹介します。
豪ドル
外貨定期預金の中でも金利が高い豪州ドル。豪州ドルよりもさらに金利が高いトルコリラ・レアルよりお勧めかについて書いています。
南アフリカランド
南アフリカランドの外貨定期預金は驚くほどの高金利です。 南アフリカランドの外貨定期預金を購入しても問題ないかについて書いています。
満期後
外貨定期預金が満期になった場合の扱いを紹介しています。 満期後の扱いによって利益が大きく変わることもあります。
確定申告
定期預金に対して利益が出た場合は、確定申告を行うというのは普通はあまり認識していないと思います。 外貨定期預金の利益に対して確定申告の必要があるかを書いています。
みずほ
実際にみずほ銀行の外貨定期預金を見て、外貨定期預金がメリットのない商品であることを説明しています。